Heart of Japan♡cheerwave

https://www.instagram.com/abetomomin/

まったく新しい出会い -認識の変化が人生をturnig over-限界から出会い編

初めて出会ったのに前から知ってる

心の奥深くで懐かしく感じる
そんな出会い したことありますか..?
でもそれは、まったく新しい出会い


5感覚を通して、わたしはよく
声にその感覚を覚える。


Aimer
お気に入りの好きなアーティストのひとり。
iTunesでまだ知らないアーティストに出会いたいなぁと思ってたまたまみつけたのがこの曲☆


ONE
https://youtu.be/8HleM0glzdE


インスピレーション的に出会った瞬間に好きになりました✨歌詞も出会ったタイミングにピッタリのcheerソング( ´∀`)/*ぜひ聴いてみてあなたの応援cheerソングに♡


霊的な出会いて神秘的でワクワクする♡
侍の精神にも繋がるような間 (ま)をよむちから
日本のわびさびとも繋がる


そんな心 で毎日、毎瞬の出会いを
ダンスするように楽しんでます🎶


✴︎.✴︎.✴︎.✴︎.
Aimer (エメ)
日本の女性シンガーで、アーティスト名は、自身の長年の愛称である「エメ」に由来し[2]、フランス語で「愛する」「好む」を意味する動詞。
15歳の頃、歌唱による酷使が原因で声帯を痛め、治療のために沈黙療法を選択したことで発声が出来ない期間を約半年間経験するが、そのおかげで歌手になりたいという夢が明確になり、回復後に喉を守るように工夫して歌うなかで現在の声質と歌唱法を確立する[4][5][6]。このときの声帯の傷はデビュー後の現在も完全に治癒していないが、完治すると今の声は出せなくなるとの主治医の忠告もあり、声質を維持するために現在の状態を保っている[7]。
引用:wikipediaより
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/Aimer
✴︎.✴︎.✴︎.✴︎.


さて、本題へ🚩
人間は変化すること、変わることに決心がつかず、ためらったり、あるいは尻込みしたり..躊躇したりします。変化には、勇気が必要!
どれだけのエネルギーが必要なのでしょうか..。


本気
心の奥底からの叫びと
本当の自分に出会いたい!!
共に手を取り合い 分離・断絶・孤独を超えて
繋がり ひとつになりたい!!
その叫び


わたしは その叫びが 今は 聴こえます


変わりたいのに変われない
その原因が明確に分かって
解決策も持ってしまったから。


20代には色んな限界とぶち当たってきた。


どうして会社に所属して働きゃなきゃいけないんだろう?組織に所属していることがまるで奴隷でいるように感じて気持ち悪くてしょうがなかった。


大好きだった彼と別れて毎日 毎日泣き続けて動けなくなった。いつも、うれしいこと悲しいこと色んな想い共有できる誰かを探し続けた。彼を見返すぞ!と、理想がどんどん高くなる。出会いの幅が狭くなる。本当の心が求めてるのはそこじゃないのに。


自分は誰にも分かってもらえない。自信がない自分を選択し続け、小さい自分として生きていた。
こんなちっぽけな自分が主張したり、発言したりなんて畏れ多くて、さらにはどう思われるのかが気になって、思ってること感じてることあるはずなのに、何にも言えない、喋れない。


感情を涙でしか表現できない。


人見知りしながら、建前しながら、心オープンになれず、人間関係に疲れる。仕事に行けば早くお家に帰りたいと思っていた毎日。


自分らしく生きる為にcheerを極めた
人間を人間で精一杯がんばった
人間とは何なのか?を明確に分からないまま。


ずっと知りたかった、人間とは何か。生きるとは何か?なぜ戦争が終わらないのか?鬱、自殺、殺人が増えるばかりなのか?なぜ人間は嫉妬したり、バカにしたり、ムカついたりするのか?


"人間は無限の可能性"であることを直感的には分かっていても、その根拠を分からないから説明ができない。。だからとりあえず、取り繕う、中途半端な生き方を続けるしかなかった。取り敢えず笑顔して、考え方は前向きにポジティブに!!マイナス感情を無視して無意識でバカにしていた。


自分と直結している、心の動きなに..


ただでさえ涙もろいのに考えれば考えるほど、答えがみつからくてどうすればいいか分からず、誰もわかってくれないと、泣き続けた。


瞬間的に湧き出る感情に振り回されて疲れる日々

 


それらすべてを解決したくて、知りたくて、変化したくて、わたしが知りたかったすべてが
「わかるよ」
とその一言だけで
わたしの人生の変化がスタートしだした。


「わかるよ」と言ってくれた人は既に認識技術(n-Tech)を現実で活用実践してる人で、Noh Jesuと出会わせてくれた人だった。


少し長いので
今日はここまで


see you soon.*✨